必要不可欠になったLINE

世の中にSNSと呼ばれるものは無数に存在しますが、その中でも最も生活に根付いており、日常生活で必要不可欠となったものがLINEです。
LINEは今やメールや電話の代替品として機能しており、小学生からお年寄りまで幅広い年代の人が利用しています。
また、スマートフォン所有者のほとんどが利用しているなど国内での利用率は右肩上がりです。
なぜこれほどまでに欠かせない存在となったのでしょうか。

LINEがSNSの頂点に君臨できた理由として大きいのは、スタンプの存在でしょう。
メールのように一つ一つ文字を打つことなく意思を伝えることが出来ます。
日常の中でよく使うフレーズが網羅されており、自分の好きなものを選択して利用することが出来ます。
意思表示がワンタッチで出来るという点でメールと差別化されている上に、メールや電話と同様の機能や今ではテレビ電話と同様の機能まで有しているとなれば利用率が上昇するのも納得できます。

また運営企業自体が安定しているというのも大きな理由と言えそうです。
というのも日常生活に欠かせないツールとなるには運営の安定性は必須です。
急に消滅してしまっては安心して利用することが出来ません。
その点、LINEの運営会社は機能を大きく変更することなく、改良を重ねて行き、誰もが利用し易いツールとして育ててきました。
スタンプの種類の豊富さもユーザビリティの向上として一役買ったことでしょう。
いずれにしてもユーザーの希望を満たすようにしてきた点で支持されていきました。

このようにツールが成長していくと、国内だけではなく国外でもシェア率が上昇してきました。
国外でのシェア率が増加すると外国にいる友人や家族との連絡に一役買うこととなり、ますます有益な存在として位置づけられました。
このように今までのツールの上位互換、ユーザビリティの向上、有益性の拡大という三点から、少しずつ日本人の生活には欠かせない存在へと上り詰めたように思われます。

今後、LINEは今以上に発展していくことでしょう。
もはやLINEというSNSが潰れるか、スマートフォンというデバイスが別の全く新しいデバイスに変わらない限り、LINEの利用がやめられることはないでしょう。
ガラケー時代にメールというツールが頂点に君臨してガラケーの衰退とともにメールも衰退したように、LINEもスマートフォンの時代が続く限り繁栄を極め続けスマートフォンの衰退とともにLINEも衰退していくのではないでしょうか。